ギタリストに必要な知識 by CHitto

アクセスカウンタ

<<メニュー>>

  1. プロフィール、音源
  2. 音楽基礎力向上編
  3. DAWとAudioInterfa
  4. エフェクターの選び
  5. ピックアップの交換
  6.         >>続きを見る
 <<注目記事>>
  1. ブースターとは何?
  2. ディレイの選び方?
  3. おすすめドラム音源
  4. ギター講師になるには
  5. 音楽(DAW)用パソコンを買うには何を重視すべき?
  6. 音楽パソコンでケチるところ金を出すところ >>続きを見る

zoom RSS オーディオインターフェイスその1

<<   作成日時 : 2009/01/23 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

写真はEDIROL FA-101。
Firewireタイプのオーディオインターフェイスで、価格は5万円程度。。。
画像



■USB?Firewire?パソコンにオーディオインターフェイスをつなぐには....■

パソコンで音楽をするには、オーディオインターフェイス(AudioIF)が必要です。
始めからパソコンに付属しているサウンドカードは、音楽家にとってはおもちゃだとおもってください。
んで、どういった規格でパソコンに接続するのか、が重要になってきます。
仕組みまで詳しく知らなくても、今どんなものがあるのかは知る必要があります。

具体的には、USB、Firewire、PCIについて押さえておけばよいでしょう。


1.USB
汎用シリアルバス規格。USBには、USB1.1とUSB2.0という二つの規格がある。ふたつとも端子の見た目は同じである。
  WINDOWSでは、USB1.1に対応したのはWindows 98 SEから。USB2.0が登場した2000年頃より本格的に普及した。
    転送速度: 
     USB1.1.....12Mbps
USB2.0....480Mbps

2.Firewire(IEEE1394とも言う)
 高速シリアルバス規格。FireWireにはFireWire 400(IEEE 1394a, 6 Pin)とFireWire 800(IEEE 1394B, 9 Pin)の2種類あり、端子の形も違うため異なったものは挿せない。
転送速度:
     FireWire 400...400Mbps
     FireWire 800...800Mbps
洗練されたSCSIコマンド体系をベースにしており、USB2.0に比べCPU負荷が低く、400Mbpsの規格であっても実効転送速度で勝る。

3.PCI

PCIの規格はさまざまあるが、従来のPCIと現在のPCI Expressの規格について。

従来のPCI:
パラレル転送方式で広く普及。
PCIのバス速度は33MHzと66MHzの選択だが、通常使われる32ビットPCIは33MHzが標準である。また64ビットPCIでは66MHzが標準である。
PCIの転送速度:
   32ビット33MHzの通常のもの...最大133MBps = 1.0Gbps
64ビットの66MHzのものでは4倍で...最大533MBps = 4.0Gbps
この上位にPCI-X(133MHz)、PCI-X2.0もある。


PCI Express(PCIe) :
シリアル転送方式。2002年に策定された、PCIバスに代わるインターフェース。
x1、x2、x4、x8、x16、x32の規格があるが、主にマザーボードに搭載されるのはx1, x16である。
PCI Expressは従来のPCIバスが動作できるOS であれば動作することは可能であるが、動作可能であることと機能をフルに使うことは別の問題であり、Windowsの場合ではVistaから正式にPCI Expressに対応した。
特にx16 PCI ExpressはAGPバスに代わるビデオカードのインタフェースとして利用される。
従来のグラフィックボードの規格であるAGPスロットを持つ製品は今ではほぼ完全に姿を消した。
2008年現在のATXマザーボードの拡張スロットはPCI Express x16、x1、PCIの3種類を採用したものが多い。
ノートパソコンでは従来のPCカードに代わりExpressCardとなり、これはPCI Express x1が利用されている。

転送速度:
x1で500MBps = 4.0Gbps
x16で8GBps = 64Gbps

ExpressCard :
2003年9月にPCMCIAによって策定された、ノートパソコン向けの拡張カードの規格。
従来のノートパソコンの拡張カード規格は、
16ビットPCカード  ...ISAをベースにした
CardBus(カードバス) ...PCIをベースに32ビット化
の2種類あった。

ExpressCardのカードの寸法は長さ75mm、厚さ5mmで、幅が34mmの「ExpressCard/34」と54mmの「ExpressCard/54」の2種類が用意される。
ExpressCard/54対応のスロットは34のカードを指すことができる。



転送速度だけ見ても、PCI Expressが有利なことがわかるでしょう。
ただ、USBとFirewireはパソコンのフタを開けることなく外部の端子に接続すればよいが、PCIはパソコンのケースの蓋を開け、内部に挿す。
内部には静電気に弱いメモリ等もあるため、初心者はPCIは避けた方がよいかもしれない。

ただ一般的に言われているのは、USBはCPU負荷を消費しドライバーが外れたりと不安定なこと。
Firewireも主流になってきて悪い話は聞かないし、FirewireとPCIは同じくらい安定しているとみなしてよいのかもしれません。(これについては調査中。。。。)


ここまで調べて、、、疲れてしまったので、、、またの続きで。

My Homepage:
地獄のギターリスト CHi-tto チト メタル




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Rakuten

オーディオインターフェイスその1 ギタリストに必要な知識 by CHitto/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる