ギタリストに必要な知識 by CHitto

アクセスカウンタ

<<メニュー>>

  1. プロフィール、音源
  2. 音楽基礎力向上編
  3. DAWとAudioInterfa
  4. エフェクターの選び
  5. ピックアップの交換
  6.         >>続きを見る
 <<注目記事>>
  1. ブースターとは何?
  2. ディレイの選び方?
  3. おすすめドラム音源
  4. ギター講師になるには
  5. 音楽(DAW)用パソコンを買うには何を重視すべき?
  6. 音楽パソコンでケチるところ金を出すところ >>続きを見る

zoom RSS DOD 250の自作!

<<   作成日時 : 2009/02/01 01:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

イングヴェイの仕様で有名な、DOD250preampを自作した!

画像
画像


















DODのエフェクター250を自作した。

回路図はネットで検索してゲット。確か回路自体のコピーは違法性はないはずだが、グレーな気がするので
リンクを貼るのは遠慮しておきます。

これはイングヴェイが使っていることで有名だが、初期のグレーのものはプレミアが付いて11万円くらいするらしい。
これ↓は75800円だって(2010.6.26)。オペアンプが初期のと同じかはわかりませんが。
DOD PREAMP 250 GRAY

DOD PREAMP 250 GRAY

価格:75,800円(税込、送料別)



現行品なら7000円とかなのにね。


さらに、初期のオペアンプは現在は用いられてないが、今でも入手可能とあれば、まさに自作するメリットのあるペダルである。(現行製品の自作ならタダの自己満、、、まあ趣味ならそれもOKだが、、、買えばすむ話。)



私が作ったものは、その一番初期のものと同じオペアンプ
 LM741CN
を使っており、さらにオリジナルには無い仕様として、グリーンのLEDを追加、トゥルーバイパス化をはかっている。海外のサイトの回路図を参考にして、ネット通販でパーツを購入、ケースの塗装も穴あけもやってもらった。合計6500円くらいなり。今後デカールなどを貼って、文字も書きたいところ。

肝心な音をスタジオで試奏。他と比べてはいないが、jc120で非常にクリアーでトレブルすぎずいい音だ。アンプがクリーンだと250だけではあまり歪まない。ゲインのつまみを回してもほとんど歪まず、4時くらいをすぎてから急激にひずみだす。
とりあえず大成功といえる。

2007.5


My Homepage:
地獄のギターリスト CHi-tto 紅きストラトの使者




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Rakuten

DOD 250の自作! ギタリストに必要な知識 by CHitto/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる