ギタリストに必要な知識 by CHitto

アクセスカウンタ

<<メニュー>>

  1. プロフィール、音源
  2. 音楽基礎力向上編
  3. DAWとAudioInterfa
  4. エフェクターの選び
  5. ピックアップの交換
  6.         >>続きを見る
 <<注目記事>>
  1. ブースターとは何?
  2. ディレイの選び方?
  3. おすすめドラム音源
  4. ギター講師になるには
  5. 音楽(DAW)用パソコンを買うには何を重視すべき?
  6. 音楽パソコンでケチるところ金を出すところ >>続きを見る

help RSS プロ用定番のオーディオインターフェースは?

<<   作成日時 : 2009/12/02 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

RME Fireface400


プロ用定番のオーディオインターフェースは?


オーディオインターフェースのプロ用の定番メーカーといえば、ProToosならdesidesign、MAC
ならMOTU、そしてWINDOWSならCUBASEやNuendoと相性がいいといわれるRMEである。

写真はRME のFireface 400で、Firewireタイプの人気モデルで20万円くらいする。

私も欲しいと思っているやつだ。

RMEはプロ用メーカーとあって、あまり安い製品はない。
よくあるエントリー、ミドル、ハイエンドのようなランク分けがなく、コンセプト別に種類があるだけで、すべてレベルが高い製品のみ供給されているのが特徴のメーカーだ。

実は私はRMEのPCIのオーディオインターフェースである、hammerfall HDSP9632を持っている。(8万円程度)
PCIなのでデスクトップの内蔵タイプだし、他のRMEの商品に比べて脇役的存在だが、非常にコストパフォーマンスが高く満足している。

そうそう、、、この日記を書き始めたのは、以前の「オーディオインターフェースその1」で、結局FirewireタイプとPCI
Expressタイプとどっちがいいのか、という問に対しての答えが見つかったからである。




結論から言うと、相性がばっちりだとPCI Expressの方が性能がいいらしいが、相性問題があるらしい。
PCIは内臓なので、PC内の空間的干渉やノイズの干渉もありえる。
ノイズから遠いところにオーディオインターフェースを配置し、また電源もPCの電源とは別でクオリティの高いものを、、、という考えから、最近はfirewireのオーディオインターフェースが主流になってきているようだ。

firewireはケーブルを挿すだけいいので、らくちんだ。
内蔵のPCIタイプは、取り付ける際にPCケースのふたを開けるないといけないが、メモリなど静電気に弱いパーツを破壊する恐れなどもある。


ただ、Firewireでよく言われるのが、Texas Instrument社(TI社)のチップ以外では、信号の精度が悪く動作しないものがあるということだ。
だが、仮にパソコンのマザーボードのFirewire(IEEE1394)のチップが他社のものであっても、TI社のFirewireカードを
PCI EXPRESSスロットに挿すことで問題ない。



実はこのことは、DAW用パソコンの動作や相性チェックやチューンを行って販売されている秋葉原のドスパラの店員さんに聞いたことだ。DAW用自作パソコンを考えている人はぜひ秋葉原のドスパラに足を運んでほしい。テンションがあがることまちがいなし、、、なのは私だけか。
店長さん(?)はやたらとDAW用のパソコンに詳しいかたなので、お話すると勉強になります。

ドスパラのホームページもチェックしてみて。
http://daw.dospara.co.jp/productinfo.html


mysite:

地獄のギターリストCHi-tto 紅きストラトの使者








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Rakuten

プロ用定番のオーディオインターフェースは? ギタリストに必要な知識 by CHitto/BIGLOBEウェブリブログ