ギタリストに必要な知識 by CHitto

アクセスカウンタ

<<メニュー>>

  1. プロフィール、音源
  2. 音楽基礎力向上編
  3. DAWとAudioInterfa
  4. エフェクターの選び
  5. ピックアップの交換
  6.         >>続きを見る
 <<注目記事>>
  1. ブースターとは何?
  2. ディレイの選び方?
  3. おすすめドラム音源
  4. ギター講師になるには
  5. 音楽(DAW)用パソコンを買うには何を重視すべき?
  6. 音楽パソコンでケチるところ金を出すところ >>続きを見る

zoom RSS RME Fireface UCが話題ですね

<<   作成日時 : 2011/03/05 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



最近音楽をやるひと以外で、ピュアオーディオ派の人がRME Fireface 400を購入することが多いんですってね。
PCオーディオっていうジャンルがあるくらいです。1990年ころに古きよきオーディオの時代の終焉を迎え、秋葉原からも多くのオーディオショップが姿を消しました。私も含めオーディオに熱かったひとが、この辺のプロ用機器にながれてきたのでしょうか。


さて話を戻します。プロ定番オーディオインターフェースメーカー、windowsでcubase使いならばRMEが定番メーカーです。
RMEというメーカーは廉価版という位置づけがなく、すべての製品でこだわりのつくりになっています。
たとえば通常USB接続なら、汎用の他社チップでインターフェースを作りますが、この会社は1からUSBチップの設計をしMACとWINではそれぞれ別の仕組みを採用するような会社です。私はRMEのインターフェースを2つ持っていますが、とても信頼しています。ここにRMEのFireface UCの開発のこだわりや苦戦の状況がつづられています。
http://www.synthax.jp/usb-implementation.html


さて、Fireface 400がfirewire接続なのに対し、Fireface UCはUSB2.0の接続なので初心者にもわかりやすくなっています。firewire接続といえば、すでに高級プロ機器の代名詞になっていますが、TI社のチップでないと相性が合わなかったりするなど簡単ではない問題がありました。
しかし、USB端子はほとんどすべてのPCについていますよね。

ただし、Fireface UCの購入にあたり注意があります。
初期のUSB搭載パソコンはCPU負荷が高くなりよろしくないのです。
http://www.synthax.jp/fireface-uc.html
こちらに詳しく載っていますが、目安として

core 2 duo以降

のパソコンでないと満足なレイテンシに抑えられません。
正確には

ICH8、9、10

を搭載した最新式のPCはでなくてはならないようです。
よくわからない方も多いと思いますので、調べ方を教えましょう。


windowsでの話ですが、
マイコンピュータを右クリック、プロパティ、ハードウェア、デバイスマネージャー、IDE-ATAPIコントローラーの+をクリックしたところに私のノートの場合、

Intel(R) ICH9M......SATA AHCI Controller

と表示されてますので、ICH9だということがわかります。
8よりは9、9よりは10のほうが基盤を駆け巡るデータのスピードが速い、みたいなイメージで多分あっていると思います。




えっとATOM CPUを搭載したnetbookはDAWには向かないですよ。

実は、私はFireface UCとほぼ同性能とみられるFireface 400を最近買いました。
はやりのUCにしなくても歴史のあるFirewireの方がいいとおもったからです。

しかし、調べてみると上に書いたように、最近のパソコンならばUCでもよかったですね。
USBだから性能が悪いというのがあったのですが、それは過去の出来事のようで、最近は結構高級インターフェースでUSB接続が増えてきています。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Rakuten

RME Fireface UCが話題ですね ギタリストに必要な知識 by CHitto/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる