ギタリストに必要な知識 by CHitto

アクセスカウンタ

<<メニュー>>

  1. プロフィール、音源
  2. 音楽基礎力向上編
  3. DAWとAudioInterfa
  4. エフェクターの選び
  5. ピックアップの交換
  6.         >>続きを見る
 <<注目記事>>
  1. ブースターとは何?
  2. ディレイの選び方?
  3. おすすめドラム音源
  4. ギター講師になるには
  5. 音楽(DAW)用パソコンを買うには何を重視すべき?
  6. 音楽パソコンでケチるところ金を出すところ >>続きを見る

zoom RSS 試奏レポ 〜 チューブスクリーマー系(TS系)第1弾!

<<   作成日時 : 2011/07/03 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

古き定番ブースターとして、


BOSS OD-1
   と
Ibanez TS-9

がある。


これら機種は、現行品は安く売っているのだが(OD-1の後継機種はBOSS SD-1)、中古市場では値段が高騰し、このつまみはいつの時代のものだとか、オペアンプがどうのこうの、、、
という世界になっている。
現在はこれら以外にも優れたブースターがあり、その値段を払ってもオリジナルに価値を見出すかという趣味の問題になってくるのだが、研究してみるのも楽しい。

新大久保にある、THE中古楽器屋
http://www.tcgakki.com/fair/03_11.html

のページ"Ibanez TS-808 vs Boss OD-1を読むと楽しい。


さてさて、試奏レポ、、、

まずは、チューブスクリーマート言えばIbanezを思い浮かべるだろうが、海外向けは昔、MAXSONブランドで発売していた。さらに、MAXSONは高品位なエフェクターメーカーとして定評がある。

MAXONのチューブスクリーマーといえば、 OD-9を試奏してみた。




MAXONのチューブスクリーマーといえば、これ! OD9



〜引用開始

TBS(トゥルー・バイパス・スイッチング)採用。バイパス時に信号が電子回路を一切通らず完全なバイパス状態になり、直接つないだ時に限りなく近いバイパス信号をアンプに送ります。エフェクト/バイパス切り換えスイッチには、ローノイズのメカニカルスイッチを採用しました。

純日本製 / MADE IN JAPAN

〜メーカーサイトより引用。


チューブスクリーマーは、ソロなどにおいしい帯域をブーストしてくれるのが人気の秘密だと思うが、私の昔からの印象は「ただこもってるだけ」というものだった。

今回、OD-9を試奏してみても同じ感想で、正直魅力は感じない。

反論する人は多いだろうが、テンションはあがらなかった。


試奏レポはつづく。。。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Rakuten

試奏レポ 〜 チューブスクリーマー系(TS系)第1弾! ギタリストに必要な知識 by CHitto/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる