邦楽しか聴かないようじゃね、、、とバンドマンはよく言う

楽器やバンド活動を続けていると、邦楽の音楽は馬鹿にされるという傾向はありませんか?

なぜでしょう。



これは明らかにおかしい。が、バンドをする人は必ずといって通らなければいけないことだと思う。

だれしも音楽に目覚める前、、、中学生のころとか、、、理屈ぬきに好きだった音楽は邦楽が多いとおもう。
もちろん兄貴やオヤジの影響で、洋楽から入るひともいるだろう。。。
私も中学のころ、ラジオを聴いて「今週のベストテン」みたいな邦楽の流行ものを一生懸命カセットテープに録音したものだ。


でもなぜ、ほとんどの人は邦楽から入るのか。


日本と言う国は(というのは、世界を知ってるようで偉そうだが、、)アメリカなどと比べて非常に偏った音楽しか耳に入ってこないという事情がある。商業音楽が強いのだ。

あと、日本は、教育において、スポーツ、、、たとえば野球やオリンピック競技など、、、、は国や学校をあげてちからを入れているものの、芸術に関してはあまり熱心ではない。例えば、クラシックや劇団で生活できる人たちは、、、N響や劇団四季など、、に限られるようである。
社会科について私は詳しくないが、明治維新以降、さんざん海外の学問を取り入れ翻訳され、教育や産業にちからを入れて努力してきた歴史があるが、、、、文化や芸術はたしかそこそこだったはず、、、(この辺に詳しい方の意見を聞きたい。。。)



権威者が大衆をどうやってコントロールするか、、、、歴史はいろいろ教えてくれる。
例えば、キリスト教など、教養のない市民に対して、神めいたものを持ち出し信仰させて動かしてきた歴史がある。

スポーツや競馬などのギャンブル、、、マスコミのちから、、、、
大衆を動かす政治家や企業体の意図が複雑に絡み合っていると、、、、いえなくもない。

芸術の教育が、日本はさかんではないがために、、、大衆に音楽的に価値の高いものを理解させることができない。(別に馬鹿にしているわけではないので、誤解なきよう)
それゆえ、ファッションや恋愛対象としての、ビジネス音楽だけの、若者に限られたJ-POPが日本の音楽シーンを圧倒するともいえる。(もちろん例外も最近は前より目立ってきた。音楽業界の衰退によるものか。)

では、邦楽より洋楽の方が優れているのか。。。。



つづく。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント