コピーとオリジナル

よく「コピーバンドやってるようじゃ、、、」
とか言いません??



好きなバンドがいて、そのバンドにあこがれて楽器をはじめた。

そのバンドの曲を弾いてるだけで楽しかった。

そのうち一人でギターを練習してるだけじゃつまんなくなって、コピーバンドを組んだ。

ライブを何本かこなした。

いくつか違うバンドを組んだ。

メンバーが足りなくて、もともとの友人以外の人ともバンドを組んだ。

そのうちの誰かが、「コピーばっかやってるからチカラがつかないんだよ。オリジナルじゃなきゃ。」と言い出した。

MTRに手を染めた。




とても自然なながれだとおもいます。
どこも間違っていません。


が、敢えて言います。


うまくなっても、何年楽器をやっていても、コピーは大事だ。


「感性が大事」とか言ってないで、音楽理論も勉強しよう






あるメン募で知り合った方で、頑なに「コピーはだめだ、コピーはだめだ」と言い続けた人がいました。
その人のオリジナルは、悪くはないのですが、アレンジはガタガタでした。

言ってることのレベルも低いし、強がってるオーラでまくりでした。

易しく諭そうとしているうちに口論になりました。

この人に何を言ってもムダだと思いました。


私たちが当たり前に使っている言葉も、論理的な考え方も知識も、全部とはいいませんが、その基礎は教育によって作られたものです。


別に学校だけが教育とはいいません、家族も、人間関係も、仕事もすべて勉強。。。

私たち日本人は、小さい頃から習っている人をのぞいて、ちゃんとした音楽教育をうけていません


異論はあるでしょうが、、、ロックは魂だぜ、理屈じゃない、、、とか。
それは正しいとは思います。


私は、10年、15年やってから基礎に泣かされました。





それから、私は今教えることを仕事としています。
教育を仕事とする前までは、極端に言いますが、

   

自分ひとりで勉強して学力をつけてきた、自分ひとりでおおきくなってきた



と勘違いをしていました。


それが、小学校や中学校の先生たちの、、、その前の母親や家族の、、、涙ぐましい教育や保育の賜物であることは、教育に携わって初めて知ることとなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント