Cubase AI5 ,AI4, LE4を手に入れる、おすすめチョイス

これからDAWをはじめたい人は、パソコンの他にオーディオインターフェースやMIDIキーボードなどを買わないといけないのだが、どうせならそれでCubaseも手に入れよう。

ということで、DAWデビューにおすすめなものを探してみた。



1.Steinberg CI2(オーディオインターフェース兼フィジカルコントローラー)




やはり、現時点でCubase AI5がついてて安いものはこれしかない。
USBオーディオインターフェース。ギター入力、マイクプリ2基、コンデンサマイク対応、フィジカルコントローラにCUBASEAI5が付いて2万円ちょい、とくればギターリストのCUBASEデビューにはお手ごろ!
日本のCubaseを扱っているYAMAHAの製品ということで、AI FunctionsといってCubaseAI5との連携ができるのが最大の強みで、簡単にインストールできCubaseとの操作の親和性が高いことがポイントが高い。
フットペダルにも対応している。

USBの規格が1.1なため、サンプリング周波数が44.1kHzと48kHz、量子化ビットが16/24bitなのが残念だが、私が普段使うモードは、44.1kHz/24bitなのでいいといえばよい。だが、本音は96kHzまで対応して欲しいし、せめてUSB2.0かさらに欲張ってFirewireが本音だ。ただそれで5万円もしては初心者にはきついので、1台目としては非常にコストパフォーマンスが高くてよいと思う。



2.YAMAHA KX49(midiキーボード)

ひとつ前のCubase AI4が付属。鍵盤がちゃっちいのがネックだが、AI FunctionsによりCubaseとの連携もばっちりで操作が簡単で、値段も安いことから、非常に魅力的だ。アルペジエータ機能もついている。個人的には25鍵は足らないとおもうので、49鍵の画像にしました。約3万円。やっぱCUBASEを手に入れるならYAMAHAのMIDI鍵盤かなと思う。



mysite:

地獄のギターリストCHi-tto ~ 紅きストラトの使者


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント