コンパクトのディレイをギターアンプのセンドリターンにつないでよい?

通常、BOSSなどのコンパクトのディレイやコーラスは、ギターアンプの前につなぐが、
アンプのセンドリターンにつないでもよいのだろうか。


原則的にコンパクトエフェクターをアンプのセンドリターンにつなぐのはNGだ。


扱っている信号のレベル(大きさ)が違う。
以前ここでも信号のレベルについて触れた。

コンパクトはギターからの入力を想定しているので、信号レベルは-20dB程度。(インピーダンスが非常に高いギターに合わせて設計されているのでしたね)

アンプのセンド~リターン間は、”ラインレベル”なので+4dB。(要はコンパクトで扱う信号よりレベルが高い)


間違ったつなぎ方をすると機器を壊すかもしれないので、責任の取れないリハスタのアンプ等ではやらないことだ。


よってまとめると、コンパクトはアンプの前、ラックマルチ(空間系)はセンドリターンにつなぐ!

ただし、最近はコンパクトでも、スイッチで切り替えてセンドリターンにはさめるものもある。
たとえばこれ、BOSSのディレイ DD-20。4つのディレイの設定をメモリできるのに惚れ私も使っている





そもそもセンドリターンとは、ギターアンプにおいて、、、

   プリアンプ→2つに分岐→ひとつは原音→パワーアンプ
      もうひとつは(SEND端子から)→空間系エフェクタ(ラックマルチなど)→(Return端子へ)パワーアンプ

となって、2つの出力が混合されたものが、パワーアンプに入る。


つまり、プリアンプとパワーアンプの間にエフェクターをはさむための端子がSENDとRETURNになる。



地獄のギターリストCHi-tto ~ 紅きストラトの使者

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント