32bit OSと64bit OS

今までのWindowsは32bitのOSだったが、Windows XP以降64bitにも対応してきている。
64bitだと何が違うのか。

ちょっとマイナーだが実はXPにも64bit版があり、Vista、Windows7にも32bitと64bitの2種類ずつある。

x86といったら32bitで,x64といえば64bitのCPU(もともとはアーキテクチャ、命令体系)をさす。
CPUが64bitに対応していて、OSが64bitに対応していれば、そのOSをインストールすることで64bit化できる。
最近Windows7の発売により、ノートパソコンで64bitのWindows7のものをよく耳にするようになった。

じゃあ、64bitはいいのか、というと、一般ユーザーが体感する64bitのメリットは、OSで認識できるメモリーの量が増えることにつきる。高速になるとか軽くなるとかの変化はほどんどないようです。

最近メモリーが安いので4GB以上のせる人が増えている。
しかし32bitのWindowsだと仕様により、3GB程度までしか認識しない。

Vistaの場合、メモリの上限は次のようになっている。
   Home Basicで8GB
   Home Premiumで16GB
   Ultimateで128GB

じゃあ、そこまでメモリが必要なのかといえば、、、
クリエーターの人(グラフィック系とか、大容量サンプラーで音楽を作る人)で必要な人もいるかもしれませんが、正直なところ私の場合必要ないかな、、、と思います。


64bit化に必要な条件は、、、
1.使いたいソフトが対応しているか
2.お持ちのハードウェアが、メーカーより64bitのデバイスドライバーがあるか(作られていない場合も多くあり)
3.CPUが対応しているか
4.OSが64bitのものか

よってデメリットは、
つまり64bit化できてもつかえないソフトやハードがたくさん出てくるということです。


ただ、現時点では相当64bitを取り巻く環境は整ってきており(ドライバーとか対応ソフトとか)、一般的に普及はしていませんが、たとえば「64bitに対応したCubase5を使いたい」などと、使いたいソフトが64bitに対応しているのならば、64bitでシステムを組んでもいい時期になってきたと私は思います。



地獄のギターリストCHi-tto ~ 紅きストラトの使者



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント