ギターリストの音は何で決まる?

みなさん、、、ギターリストの音、個性は何で決まるのでしょう?
ピックアップですか?
レスポールやストラトなど、ギターの種類ですか?
アンプの種類ですか?
使ってるエフェクターですか?


すべて正解だとは思いますが、一番決定的な違いはなんでしょう?


ちょっと面白い実験がありましたのでお話します。
私の師匠(小林氏)のレッスンで、私がmyspace にアップしてる師匠の曲「時代より愛をこめて」を弾いたときの話です。

音源はここ



私は自分のギター(ストラト、シングルコイル)で時代~を弾き、師匠は師匠のギター(シェクターのハムバッカー)で弾きました。
この曲はペンタトニック主体の曲なのですが、同じ曲を弾いても私のと師匠の演奏のテイストがまるで違うのです。
当然師匠の方がうまいですが、楽譜的には一緒でも、ペンタの歌わせ方やニュアンスがまるで違い、どちらもアリなわけです。私の方はストラトらしい叙情的なサウンド、師匠のはハムのクールなキレのあるサウンド。

当然、ストラトとシェクターのハムはキャラが大きく違うし、ギターの違いと思いますよね。
今度は師匠に私のストラトで弾いてもらいました。

ところがどっこい、ストラトでもキレのあるサウンド、、、先のシェクターとぱっと聞いただけではほとんど区別の付かないサウンドになりました。


面白いですね、、、と師匠と二人で感動しました。


みなさんはどう思います?





曲の解釈や気持ちのよいポイントは人によってさまざまだし、正解は何通りもあるとおもいます。
あと、右手のピッキングによる表現力の違いは、私は機材の違いよりも大きいと思っています。
これについては、いろいろと思うところがあるので、以下に書きます。


ピックの材質や太さ、硬さ、、、、あと大事なのは弾くときの角度、、、、弦に対して平行にあてるときと、角度をつけてあてるときでは音が違います。

順アングル、逆アングルなどといいいますが、角度をつけたほうが甘いトーン(中域が多いトーン)になります。

あと、ピッキングのするどさ、、、ルーズなのかシャープなのかで雰囲気が違います(両方の表現が必要です。)

メタルしか弾かない人で、ピッキングが強すぎると高域が強いカリカリのディストーションサウンドになり、聞いている人は耳が痛いです(私がそうでした)

うまい人は8000円のギターでも4000円のマーシャルでもいい音を出します。

下手な人のギターは50万円のギターでもごまかせません。



ちょっと痛いことをいいますよ。

自分のギターがいまいちな理由を、機材のせいにするのをやめてみませんか?



私はこれに気づいてから、相当へこんで、何度もくじけそうになりましたが、克服してからは、初めて私のギターを聴いた人からうまいといわれることが増えました。

機材を買うのも最小限になり、出費も減りました。
どのアンプでもそこそこ自分のサウンドが出せるようになりました。

何をしたと思います?




http://chitto.6.ql.bz/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント