プロ用デジタルレコーディングの規格

最近のプロ用デジタルレコーディングの主流スペックは、

24bit 192kHz PCM

です。(24bit 88.2kHz, 24bit 96kHzも用いられる様です)

これは、
量子化ビット数が24bitのマルチビット方式で、標本化周波数が192kHzのPCM方式
ということです。
その意味は入力信号を、1秒間に192000個のデータをサンプリングし、その時の値を 2の24乗の細かさで表現しているということになります。

そのダイナミックレンジは146dB(あくまで理論値)という緻密なものになりますが、それの状態で50とか100とか多数のトラックを2chのステレオにミックスしたあとに、CDという小さな器に入れなおすのです。

CDは
16 bit ,44.1kHz PCM
です。
ダイナミックレンジは98dBほどに下がります。


このようなマルチビットレコーディングに対し、ちょっと前からDSDレコーディング(1bitレコーディング)なるものが登場しています。
現在のDSDレコーディングの主流スペックは、
1bit 2.8224MHz (SACDはこれ)
1bit 5.6448Mhz
です。
聞こえるかは別として、DSDでは100kHzほどの超高域まで記録することができます。(CDは20kHzまで)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント