DSDはミキシングができない

DSDはミキシングができない



DSDは高音質ですがミキシングができません。

マルチビット(PCM)のDAWでは当たり前な
・ヴォリュームの上げ下げ
・複数トラックをミキシングして2トラックにまとめる
・エフェクトをかける

ということが一切できません。その方法がいまだ発見されていないのです。

その理由はDSDは1bit信号、つまり0と1の2つの値のみからなることによります。

たとえば、足し算では
0 + 0 = 0
0 + 1 = 1
1 + 0 = 1
はいいのですが、

1 + 1 = 10
となり(10は2進数。10進数でいう2のこと)、
2桁必要になるため、桁が足りません。

足し算ができないということは、ミキシングができないことに相当します。

以下のDSDを扱えるDAWである、 Sonomaのページで、
DSDの編集に関することが書かれています。
http://www.dspj.co.jp/products/Merging/pyramixDSD.htm

どうやら編集するために、DXDというマルチビットに変換して、再び1bit符号化するようです。

DXD: Digital eXtreme Definitionの略。
Philips/Sonyにより提案された8fs 32bit(浮動小数点)のミキシングやエフェクトなど編集のためのフォーマット。


クリックで応援お願いします。

にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント