ポータブルDSDレコーダー KORG MR-2

ポータブルDSDレコーダー     KORG MR-2 は、1bit DSD@2.8224MHzから、PCM24bit@192kHzをはじめとした マルチビット録音/再生が可能なポータブルレコーダーだ。 コンデンサーマイク内臓、SDHC/SDカードでの記録/再生、USBでPCへの高速転送可能、外部マイク入力端子あり 、…
コメント:0

続きを読むread more

KORG DSDレコーダー MR-2000S

KORG DSDレコーダーの頂点 MR-2000S プロスタジオ等で1bit レコーディングは音がいいということで、導入するスタジオも増えてきた、 KORG MR-2000Sだ。160GBのHDDに保存。5.6448MHz@1bit、2.8224MHz@1bit 、192kHz@24bit(PCM)録音も可能。 2…
コメント:0

続きを読むread more

KORG ClarityでDSD録音や編集ができるスタジオ

KORG ClarityでDSD録音や編集ができるスタジオ があった。 G-ROKSという下高井戸にあるスタジオだ。 どうやら旧コルグのビルらしく、、、 かなり古い。 G-ROKSもKORGとの関係はかなりありそうだ。 同じコルグビルの1階には、斉藤楽器工房というリペアショップがあり、KORGの指…
コメント:0

続きを読むread more

DSDはミキシングができない

DSDはミキシングができない DSDは高音質ですがミキシングができません。 マルチビット(PCM)のDAWでは当たり前な ・ヴォリュームの上げ下げ ・複数トラックをミキシングして2トラックにまとめる ・エフェクトをかける ということが一切できません。その方法がいまだ発見されていないのです。 その理由はDSD…
コメント:0

続きを読むread more

DSDを扱えるDAW

DSDを扱えるDAW 現在Pro ToolsやCubaseなどのDAWでは、当然のようにマルチビット(PCM)でレコーディングを行うわけだが、 DSD(1bit)が扱えるDAWというのも、あるはある。 有名なところで、 Merging TechnologiesのPyramix(500万円~) Sonoma(300万円~…
コメント:0

続きを読むread more

プロ用デジタルレコーディングの規格

最近のプロ用デジタルレコーディングの主流スペックは、 24bit 192kHz PCM です。(24bit 88.2kHz, 24bit 96kHzも用いられる様です) これは、 量子化ビット数が24bitのマルチビット方式で、標本化周波数が192kHzのPCM方式 ということです。 その意味は入力信号を、1秒間…
コメント:0

続きを読むread more

DSDとは

DSDとは DSDとは、Direct Stream Digitalの略で、1960年代に日本で発表されたΔΣ変調方式によるデジタル符号化です。次世代オーディオSACD(スーパーオーディオCD)で採用されていますが、世間的にはほとんど浸透しておらず、一般的は mp3, wma, aac などの圧縮オーディオの方が主流といえるかもしれ…
コメント:0

続きを読むread more

近況。。。

音楽関連の近況について報告します。 最近は、9月に自分がギターで参加するバンドのライブがあったのですがアクシデントでながれ、今年の4月にセッションに参加して以降、音楽活動は停滞しております。 さらに、最近は演奏よりも音響分野の技術的な研究の方がメインになってきているため、ブログの更新が滞っていました。 そんな事情で、今後は…
コメント:0

続きを読むread more