ブースターとは?

ギターリストでよく話題になるブースターとは何か分かりますか?
通常オーバードライブやディストーションといった歪み系のエフェクターをブースターといいますが、正確にはブースターとして使う、です。

わたしは今になってもブースターって何とか、本当に必要なのか、とよく考えます。
一般的にブースターとは、アンプの直前にかます増幅作用のある(音量を大きくできる、イコライザーでもよい)もののことで、通常、ブースターとして用いるときは歪みはなしかほんのちょっとでボリュームを最大近くとか大きくします。
昔、アンプやピックアップのゲインが小さかったころ、音量や歪みを足すためにエフェクターをかましたのがその起源のようですが、今は大きな出力や歪みはいとも簡単に得られる時代だし、そもそもブースターが必要なのでしょうか。

たとえば、メサブギーのレクチのモダンハイゲインチャンネルで過激に歪ませているとき、ブースターをかます必要はないと思います。通常ブースターはクリーン~クランチ、軽めのディストーションぐらいで意味をなします。


ブースターはたとえば、クリーンブースターと言って、なるべく歪ませないで音量をあげる、という使用法があります。
アンプの設定はクリーンかクランチにしておかないと、アンプとギターの間にブースターをはさんだ場合それ以上音量があがりません。
アンプのギター入力端子に入力できる音量には限界があって、アンプのプリ部で作っている歪みが大きいとそれ以上あげることはできません。センドリターンにブースターを挿入すればたぶん音量が上がります(ラインレベルに対応したブースターでないとだめです)
レクチのソロペダルは、ソロのときに音量を上げるためのものですが、おそらくプリアンプとパワーアンプの間にあるブーストスイッチだと思います。プリ部の前の方にあると歪みが多いと音量があがらないからです。

また別の用途に、ミッドブースター(中域を加える)など特定の周波数成分を強調するつかいかたがあります。
ミッドブースターなら、ギターソロのときに踏めば、音量をアップしメロディを弾くのに適したように中域をもちあげることができます。

ソロのときだけ踏む使い方とは別に、ずっとブースターはオンのままでその音が気に入ってるから使うというのもありです。ブースターでもひずみを足し、アンプでも歪みをつくり混ぜるというのもよく行われます。



歌ものなど、ギターの音量調整って難しくないですか?

うまい人は、クランチくらいの歪みにしておいて、右手のピッキングを強くすれば歪むし、弱く弾けば音量をさげることができます。さらにギターのボリュームをさげればクリーンな音が出て音量もさげられます。で、ここぞというときにブースターを踏んで歪みと音量を足すこともできます。
今いったくらいの歪み量が、柔軟に歪みや音量をコントロールできる設定です。


これがハイゲインのメタルになったとたんに音量調整が難しくなります。
まずギターはうるさいしボーカルにとって邪魔、音量をさげると歪みも減ってメタルトーンが失われる。
ほんのちょっとのボリュームの違いがシビアに音量やひずみに影響します。
アンプで歪みを作ってる場合、ある程度音量を大きくしないと歪まないので(JCM800とかハイゲインでない場合特に)必然的にギターの音がでかくなり、それにともなってバンド全体の音量があがって、小さいスタジオで音がまわってしまう、、、結果ボーカルが喉を痛める、、、、よくある話です。

かといって、小さい音量でも歪ませられるように、ハイゲインのペダルで歪みをつくるとうすっぺらい歪みになる。
でもこれはこれで有効な方法です。


次回は定番ブースターについて書こうと思います。






地獄のギターリストCHi-tto ~ 紅きストラトの使者






"ブースターとは?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。