第6回 1ビット研究会 レポ①

第6回 1ビット研究会



が、2012年12月21日に早稲田大学で行われ、参加してきました。


発表者(敬称略)
1.山崎芳男(早稲田大学教授)
2.遠藤一彦(ティアック)
3.石井紀義(コルグ)
4.黒澤拓(オンキョウーエンターテイメント)
5.オノセイゲン(サイデラ・パラディソ)

個人的に興味があった発表は、

コルグが先月発売したばかりの
USB-DACである”DS-DAC-10”(ASIOでDSDネイティブ再生)とAudioGate v2.3について

と、

最近PCオーディオ雑誌で騒がれているティアックのDSDネイティブ再生機の新製品
UD-501とPD-501HR

についての発表だ。


ひとまず、つづく。。



ここでいう、1ビットとは、、、
DSD、SACD
などと言われるデジタルオーディオの符号化技術で、学術的には

ΔΣ変調(デルタシグマ)

という変調方式が用いられており、これを発明したのは
日本人の
早稲田大学、安田靖彦教授(当時東大猪瀬研の学生)
である。
その後、早稲田大学山崎芳男教授が高速1bit信号処理を考案提唱し、
現在のDSDの技術につながっている。


"第6回 1ビット研究会 レポ①" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。