テーマ:DSD

CD(wav or CD-DA)からDSDへの変換

 CD(wav or CD-DA)からDSDへの変換 ~SDカードによるDSDの再生④ SDカードでWSDファイルを再生するため、 CD(wav or CD-DA)からDSD(wsd)への変換のプログラムを書こうと思った。 流れとしては、 1.アップサンプリング(44.1kHz 16bit wav ⇒ 2.8MHz or…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6回 1ビット研究会 レポ①

第6回 1ビット研究会 が、2012年12月21日に早稲田大学で行われ、参加してきました。 発表者(敬称略) 1.山崎芳男(早稲田大学教授) 2.遠藤一彦(ティアック) 3.石井紀義(コルグ) 4.黒澤拓(オンキョウーエンターテイメント) 5.オノセイゲン(サイデラ・パラディソ) 個人的に興味があった発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SDカードによるDSDの再生③

SDカードによるDSDの再生 その③ SDカードによるDSDの再生 で、用いてるスピーカーの紹介です。 もう15年も前に作った、故長岡鉄男氏の設計によるスピーカーシステムです。 ユニットは、FOSTEXのFE83という、8cmフルレンジ。 最低共振周波数 (fo) は140Hzのようです。 勉強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SDカードによるDSDの再生②

DSDのスピーカー駆動回路(写真) 前回のFPGAを用いてSDカードからDSDファイルを再生する、の続編です。 写真はスピーカー駆動回路。 パワーアンプ部というべきか、D級アンプというべきかわからないが、 矩形波で出力される1bitのDSD信号を、8オームという低いインピーダンスをもったスピーカーに 入力するという事情から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SDカードによるDSDの再生

某大学の音響研究室の学生さんに教えていただいて、 FPGAを用いて、SDカードによるDSDプレーヤを作った(写真)。 DSDの中でも一番マイナーな WSDファイル の再生ができる。 FPGAというのは、Verilog HDLなどのハードウェア記述言語を用いて書いたプログラム を、ハードとして実装して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポータブルDSDレコーダー KORG MR-2

ポータブルDSDレコーダー     KORG MR-2 は、1bit DSD@2.8224MHzから、PCM24bit@192kHzをはじめとした マルチビット録音/再生が可能なポータブルレコーダーだ。 コンデンサーマイク内臓、SDHC/SDカードでの記録/再生、USBでPCへの高速転送可能、外部マイク入力端子あり 、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KORG DSDレコーダー MR-2000S

KORG DSDレコーダーの頂点 MR-2000S プロスタジオ等で1bit レコーディングは音がいいということで、導入するスタジオも増えてきた、 KORG MR-2000Sだ。160GBのHDDに保存。5.6448MHz@1bit、2.8224MHz@1bit 、192kHz@24bit(PCM)録音も可能。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタル録音と再生周波数

ヒトが聞こえる音の周波数は 20Hz ~ 20000Hz と言われる。 Hz(ヘルツ)は、一秒間に振動する回数だ。 k(キロ)は1000倍を表すので 20000 Hz = 20kHz ともかく。 可聴音が 20Hz ~ 20000Hz ということに基づいて30年くらいまえにCDの規格が決められ世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KORG ClarityでDSD録音や編集ができるスタジオ

KORG ClarityでDSD録音や編集ができるスタジオ があった。 G-ROKSという下高井戸にあるスタジオだ。 どうやら旧コルグのビルらしく、、、 かなり古い。 G-ROKSもKORGとの関係はかなりありそうだ。 同じコルグビルの1階には、斉藤楽器工房というリペアショップがあり、KORGの指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DSDはミキシングができない

DSDはミキシングができない DSDは高音質ですがミキシングができません。 マルチビット(PCM)のDAWでは当たり前な ・ヴォリュームの上げ下げ ・複数トラックをミキシングして2トラックにまとめる ・エフェクトをかける ということが一切できません。その方法がいまだ発見されていないのです。 その理由はDSD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DSDを扱えるDAW

DSDを扱えるDAW 現在Pro ToolsやCubaseなどのDAWでは、当然のようにマルチビット(PCM)でレコーディングを行うわけだが、 DSD(1bit)が扱えるDAWというのも、あるはある。 有名なところで、 Merging TechnologiesのPyramix(500万円~) Sonoma(300万円~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ用デジタルレコーディングの規格

最近のプロ用デジタルレコーディングの主流スペックは、 24bit 192kHz PCM です。(24bit 88.2kHz, 24bit 96kHzも用いられる様です) これは、 量子化ビット数が24bitのマルチビット方式で、標本化周波数が192kHzのPCM方式 ということです。 その意味は入力信号を、1秒間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DSDとは

DSDとは DSDとは、Direct Stream Digitalの略で、1960年代に日本で発表されたΔΣ変調方式によるデジタル符号化です。次世代オーディオSACD(スーパーオーディオCD)で採用されていますが、世間的にはほとんど浸透しておらず、一般的は mp3, wma, aac などの圧縮オーディオの方が主流といえるかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more